移動が多いオフィスに適したモニタ

移動が多いオフィスに適したモニタを紹介します。フリーアドレスのオフィスで自席がない場合や、在宅勤務の普及により会社のPCをオフィスと自宅で持ち運ぶ場合など、業務用のPCを携えて移動する頻度が高い働き方が近年増えています。

移動が多い場合に問題になるのが、PCの周辺機器をどのように持ち運ぶかです。特に、電源がなければPCは数時間で動かなくなるので、電源ケーブルの運搬は重要な課題です。

最近のノートPCではUSB Type-Cコネクタを使って充電する方式が増えてきました。これはUSB PD (Power Delivery)を利用したものです。もしUSB PDで十分に高い出力を備えたモニタを外部ディスプレイとして使えれば、電源ケーブルを持ち歩かなくても給電しながらPCを使えます。
USB PDにどれだけの出力が必要なのかは、使っているPCの仕様書や電源アダプタを確認してください。ノートパソコンであれば、たいてい45 Wくらいでしょう。ノートパソコン付属の電源アダプタが45 Wなのであれば、45 W以上に対応してUSB PDを備えるモニタを使用すれば大丈夫です。

価格comでUSB PDと映像入力USB Type-Cでモニタを検索すると100件以上の製品が該当します。24インチで2万円台の製品もあり、給電機能があるからといって驚くほど高価になるわけではありません。

私はDELLのU2721DEを在宅勤務のために購入しました。USB Type-Cで給電しながら映像の伝送ができるのに加えて、モニタ側に有線LANポートを備えており自宅でも高速かつ安定したインターネット接続が可能です。本記事の執筆時点で購入できる後継機はU2722DEです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください