投稿者「dekkaino」のアーカイブ

10万km突破!2代目日産リーフZE1

2017年から乗っている2代目日産リーフZE1の走行距離が10万kmを超えました。

満充電での走行可能距離は225kmと表示されています。走行可能距離は直近の運転の仕方に影響されます。最近の状況は、季節が冬でエアコン暖房18℃設定、スタッドレスタイヤ、高速道路走行が半分くらいです。

納車直後の秋に一般道で270km走ったのと比べると、1割くらい悪くなった程度と思います。電池劣化にしても、初代リーフとは比較にならないほどEVの実用性が向上したといえます。

車に表示されるバッテリー容量表示ではセグメント低下(セグ欠け)は出ていません。

LeafSpyで取得したデータでは、SOHが85.74%でした。2年経ったあたりから変化が鈍化しているのがわかります。

鴨川館のEV充電設備

先日宿泊した施設にあまり見ないEV充電設備がありました。アルファチャージという会社の充電サービスです。宿泊施設に6kW充電器を設置しているケースが多いようです。

私が宿泊したのは千葉県鴨川市にある鴨川館。鴨川シーワールドの目の前です。ホテルの公式サイトには充電器に関する情報は見当たりませんでした。GoGoEVには情報があります

充電器があるのはホテルの北側道路を挟んで向こうの鴨川館第3駐車場です。ホテルのエントランスからおなじみの青い充電スタンド標識が見えます。出力6kWのケーブル付き充電器が付いた駐車マスが2台分あります。

GoGoEVには充電料金の案内が10分55円(クレジットカード、PayPay、d払い、aupay)とありました。私の乗っているリーフZE1の40kWhモデルでは6kW充電に対応していないので使用しませんでしたが、あとで充電器を見てみたらびっくり。実は、アルファチャージのアプリで充電出力を利用者が設定でき、それに応じて充電料金も変わりました。充電出力は3 kW, 4 kW, 5 kW, 6 kWから選べ、3 kWでは10分27円, 60分165円と普通充電の典型的な利用料金に表示が変わりました。また、充電時間は10分単位で最長20時間まで選択でき、満充電に到達すると自動的に停止するそうです。

アルファチャージの公式サイトにもこのあたりの詳しい事柄が記載されておらず、もったいない印象を受けました。

Power AppsからTeamsに直接メッセージを送信する。Power Automateを介さずに。

以前PowerAutomateを介してPowerAppsからTeamsにメッセージを送信したり、投稿に返信したりする方法をご紹介しました。ここでは、Power Automateを使わずPowerAppsから直接Teamsへメッセージを送信する方法を紹介します。

PowerAutomateを介さないメリットは2つあります。ひとつは、管理すべき対象がアプリひとつになること。共有するのも楽です。もうひとつは、投稿者をアプリを開いているユーザーに簡単にできること。PowerAutomateだと実行可能ユーザーとして権限設定してやる必要があります。

PowerAutomateを介さないデメリットは、アプリにアクセスしたユーザーの権限でしか動かせないことです。チームにメンバーを追加するなど特別な権限が必要な処理を行えない可能性があります。


本ページに関連する資料をまとめます。

操作画面付きの実施例が他サイトで紹介されています。PowerAppsに慣れない方はリンク先をご覧いただくことをお勧めします。
Power Apps のキャンバスアプリから直接 Teams にメッセージを投稿しよう


ボットチャットにメッセージを送信する

ボットチャットからのメッセージが投稿されるWorkflowsとのチャットにメッセージを送信する方法です。宛先メールアドレスとメッセージ本文が必要です。メッセージ本文はHTMLで記述できます。isAlertがtrueだとメンション等と同じく通知が受信者に届きますが、falseだと通知が届かず未読メッセージが増えるような挙動になります。

以下の例ではlocBotChatMessageで作成したメッセージをPostMessageToConversation関数で送信しています。

//メッセージを作成
UpdateContext({
    locBotChatMessage:
    {
        recipient: 宛先メールアドレス,
        messageBody: メッセージ本文,
        isAlert:true
    }
    });
//メッセージを送信。戻り値をlocResultBotChatMessageに格納
UpdateContext({locResultBotChatMessage:
MicrosoftTeams.PostMessageToConversation(
    "Flow bot",
    "Chat with Flow bot",
    ParseJSON(JSON(locBotChatMessage))
)});

グループチャットにメッセージを送信する

まじめにPowerAppでTeamsコネクタを使いこなすよりも、宛先・タイトル・本文をURIスキーマで指定し、Luanch関数でTeamsを起動する方が楽なような気がします。とはいえPowerAppでがんばる場合の作例をまとめておきましょう。

グループチャットにメッセージを送信するには、まずチャットの場を作ってその会話IDを基にチャットにメッセージを送信するという流れになります、注意が必要なのですが1対1の会話でもグループチャットと呼びます。

詳細は後日加筆。CreateChat関数でグループチャットを作成し会話IDを得る。PostMessageToConversation関数から会話IDをrecipientにしてメッセージを送信する。posterはFlow bot”, locationは”Group chat”


前準備

メッセージを投稿する先のチャネルの情報を確認します。
チャネルのURLからチームIDとチャネルIDを読み取る方法を参照してください。

新しいメッセージをチャネルに投稿する

新規メッセージを投稿する場合の方法を紹介します。新しいスレッドを建てることです。

PostMessageToConversation関数を使います。

以下の例文のうち、チームID、チャネルID、メッセージ本文、メッセージタイトルにそれぞれ文字列を設定します、メッセージタイトルは必須ではないので、タイトルが必要ない場合はsubjectを消してください。メッセージ本文はHTMLで記述できるので、リンクを張ったり文字を大きくしたり色を付けたりできます。

//メッセージを作成
UpdateContext({
    locPostMessage:
    {
        recipient:{
            groupId: チームID,
            channelId: チャネルID
        },
        messageBody: メッセージ本文,
        subject: メッセージタイトル
    }}
);
//メッセージを送信。戻り値をlocResultPostMessageに格納
UpdateContext({locResultPostMessage:
MicrosoftTeams.PostMessageToConversation(
    "user",
    "Channel",
    ParseJSON(JSON(locPostMessage))
)});

戻り値は、conversationId, id, messageLinkの3つが入ったレコードです。

conversationIdはチャネルID、idは後述する返信で使用するメッセージID、messageLinkはその投稿へアクセスできるURLです。

既存のスレッドに返信する

ReplyWithMessageToConversation関数を使います。

チームID、チャネルID、メッセージID、メッセージ本文が必要です。
メッセージIDは前節でPostMessageToConversation関数の戻り値のidとして得られることを紹介しています。

なお、ReplyWithMessageToConversation関数の戻り値はPostMessageToConversation関数の戻り値と同じ構造です。

//メッセージを作成
UpdateContext({
    locReplyMessage:
    {
        recipient:{
            groupId: チームID,
            channelId: チャネルID
        },
        parentMessageId: メッセージID,
        messageBody: メッセージ本文
    }}
);

//返信する
UpdateContext({locResultReplyMessage:
MicrosoftTeams.ReplyWithMessageToConversation(
    "user",
    "Channel",
    ParseJSON(JSON(locReplyMessage))
)});

Teamsで音声通話やチャットを開くリンクの作り方

ディープリンクあるいはURIスキーマを使うと、リンクを開いたとき自動的に特定のユーザーとの音声通話を開始したり、チャット画面を開いたりできます。宛先は複数でも可能。
ユーザーがTeamsで投稿ボタンを押す動作が必要ですが、PowerAppsやPowerAutomateで頑張ってチャット送信の仕組みを作るよりも断然楽です。

Teamsが使用できる環境であれば、PCでもスマートフォンでも同様に動作します。

このページでは、メールアドレス example@onmicrosoft.com を宛先の例に使います。複数の宛先を用いる場合はカンマで繋げてください。

音声通話を開始する

Teamsの音声通話を開始するリンクの書き方は以下の通りです。参考リンク

https://teams.microsoft.com/l/call/0/0?users=example@onmicrosoft.com

https://teams.microsoft.com/l/call/0/0?users=example1@onmicrosoft.com,example2@onmicrosoft.com

&withVideo=trueを追加すると、ビデオ通話を開始します。

https://teams.microsoft.com/l/call/0/0?users=example@onmicrosoft.com&withVideo=true

外線電話番号への発信

Teamsから普通の外線電話番号に電話をかけさせることもできます。外線番号への発信は、公衆交換電話網, PSTNとの通話を発信するものと表記されます。参考リンク
Teams電話のようなサービスを使用してTeamsから外線電話に掛けられる環境が必要です。
以下の例は電話番号090-1234-5678に電話をかけるものです。いずれの表記にも対応しています。普通の電話アプリを起動するリンクはtel://09012345678のように書けるのに似ています。複数の宛先を書いたときにどのような挙動になるかは調べていません。

https://teams.microsoft.com/l/call/0/0?users=4:09012345678
https://teams.microsoft.com/l/call/0/0?users=4:090-1234-05678
https://teams.microsoft.com/l/call/0/0?users=4:+8190-1234-05678

チャットを開始する

Teamsのチャットを開くリンクの書き方は以下の通りです。参考リンク

https://teams.microsoft.com/l/chat/0/0?users=example@onmicrosoft.com

グループチャットのタイトルはtopicNameで指定できます。さらに、メッセージの下書きはmessageで指定できます。

ここで注意していただきたいのが、日本語の使用する場合はURIエンコードした文字列を埋め込むということです。
以下の例では
topicName=ここにタイトルを書く
message=ここに本文を書く
という文字列をURIエンコードした文字列を使用することで、グループチャットのタイトルと本文を指定した状態でTeamsを開かせることができます。

https://teams.microsoft.com/l/chat/0/0?&users=example1@onmicrosoft.com,example2@onmicrosoft.com&topicName=%E3%81%93%E3%81%93%E3%81%AB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%92%E6%9B%B8%E3%81%8F&message=%E3%81%93%E3%81%93%E3%81%AB%E6%9C%AC%E6%96%87%E3%82%92%E6%9B%B8%E3%81%8F

掲示物への表示

商店でQRコードを読み込むと電話をかけられるポスターを見たことがある方は少なくないと思います。このページで紹介した通話を開始するリンクはWEBページに埋め込むことで利用できますが、リンクをQRコードにして掲示物に表示することもできます。仕事の現場でも、PowerAppsを作るまでもない定型連絡をするのに便利です。

QRコードの作成はQRQRが便利で安心です。

新しいデジタルツールを組織に導入するには

会社のような組織でTeamsのような現代的なデジタルツールを利用できるようになったとしても、それだけ同僚の多くが業務に活用するようになるわけではありません。それどころか、ツールが導入されただけで使われないまま何年も経過することさえあります。

デジタルツールを業務で活用していくためには、実際の業務で実践できることが何よりも肝心です。新規プロジェクトを例にとってデジタルツールを導入できるか否かは、以下の3点が揃った人物が行動するか否かにかかっています。

  • プロジェクトの主導的な立場である
    プロジェクトのやり方が決まる前にデジタルツールを使おうと言える立場であること。
    発起人、とりまとめ役、初期メンバーのいずれかである。
  • デジタルツールを使える
    Teamsで新しいチームを作れる、Plannerで新しいPlanやTaskを作れる、など少し調べればたいていの操作を自分でできる
  • 協働する同僚をサポートできる
    ツールの使い方を教える、業務に合わせて適切な使い方を実践して見せる、などツールを使って実際の業務をみんなで進めるために他人を支援できる。

ユーザーの手間を最小化 Param関数を使おう

業務アプリは使ってもらって価値を生みます。たくさん使ってもらうには、作業の手間、難易度、認知的負荷のすべてを小さくすることが有効です。

業務アプリの中でも、PowerAppsでQRコードを読み込むアプリを作っている方に、Param関数の利用をおすすめします。

PowerAppsのバーコードリーダーコントロールを使用すれば、アプリの中でQRコードやバーコードを認識し、埋め込まれた文字列を取り出せます。IDや情報を埋め込むことで、PowerAppsで詳しい情報を表示したり、手続きを行ったりできます。

ところで、普段お店などでQRコードを読み込むとき、わざわざ何かのアプリを起動するでしょうか?たいていはスマホの標準カメラに内蔵されたQRコードを読み込む機能を使用すると思います。PowerAppsの中でバーコードリーダーを使うよりも、スマホの標準カメラでQRコードを読んだ方がひと手間少なく済みます。ユーザーの手間を惜しみ、できるだけ少ない手数でユーザーが作業を完遂できるように工夫するのがアプリ制作者の腕の見せ所です。

このような処理をするには、PowerAppsのアプリURLにパラメータを付加する手法が有効です。

Param関数を使ったアプリとしては過去にオフィス内宅配ロッカーを作成しました。

リーフのNissan Connectの有効期限はいつまでか?

カーナビで充電器の空き状況を確認したり、乗る前エアコンを起動したり、車と通信をするサービスを利用するにはNissan Connectへの加入が必要です。

2代目日産リーフZE1を初期(2017年~)に購入した方は、そろそろ有効期限が切れるので再加入が必要です。

私のケースでは、納車日から5年と90日後に通信ができなくなりました。カーナビには「ただいま混み合っています」と表示されました。Nissan Connectのサービスは90日以内にアカウントの有効性を確認できないと停止するようなので、納車日から5年で有効期限が切れたのだと気づきました。

充電サービスについてはZESP2が使えなくなったのでZESP3に加入したのですが、そのときディーラーの担当者に聞いてもNissan Connectの扱いは正確に把握しておらず、放置していたらこのような状況になりました。

Nissan Connectに加入する

前述のように一旦使えなくなった通信サービスは、Nissan Connectに加入することで回復しました。

Nissan Connectの申し込みはWEBから手続きできます。同じZE1でも私と同じ初期に製造されたリーフについては、車台番号とカーナビのIDが必要です。

Nissan Connectの登録から、2日程度で新しいIDが通知されました。ここで注意が必要なのは、カーナビやアプリで使用するIDとパスワードが新しく登録したIDとパスワードでなく、以前(新車登録時)から使っていたIDとパスワードであるということです。したがって、Nissan Connectのサービスに登録されたら、カーナビのNissan Connectの画面でIDとパスワードを変えずに「登録」を行うのが適当です。私は新しいIDでカーナビもアプリもログインできないので試しに古いIDとパスワードを使ったら通信機能が回復して混乱しました。

ことの顛末をいつもお世話になっているディーラーに伝えたところ、これが正しい挙動だということです。担当者も驚いていました。Nissan Connectの新しいIDとパスワードは、単に支払情報などを管理するページにログインするためだけに使うようです。

新しめのリーフだとこんなまどろっこしいことにはならないそうですが、そろそろ5年を迎えようという方はご注意ください。

Power Automateでカンマ区切りメールアドレスから複数人にTeamsのメンションをかける

Teamsで複数人にメンションをかける方法が知られています。リンク先の方法では、複数のメールアドレスが配列として得られています。一方で、複数人の宛先を記述するよくやる方法として、カンマ,やセミコロン;で区切って複数のメールアドレスを書き並べた文字列を作ることがあります。本記事では、このようなケースでカンマ区切り文字列から複数のメールアドレスの配列を生成します。

なお、この記事で紹介するフローであれば、カンマ区切りで連結していない単独のメールアドレスが入力であるときも正常に動作します。

フローの全体像

Power Automateのフローは以下の通りです。各処理の中身は後述します。

各アクションの解説

カンマ区切りのメールアドレス

組み込み>データ操作>作成アクションを使用して、このフローで使用するカンマ区切りテキスト形式のメールアドレスを格納します。実際のフローでは、PowerAppsトリガーなどを経由して値を渡します。

ここでは “aa@exaple.com, bb@example.com, cc@example.com” のような形でメールアドレスが記述されています。

メールアドレス配列の初期化

組み込み>変数>変数を初期化するアクションを使用して、カンマ区切り文字列から配列を生成します。

split関数に分割する文字列と、分割する位置を指定する文字(ここではカンマ,)を与えることで、文字列を分割します。注意すべきことに、split関数を使うだけではPower Automateのフローで繰り返し操作の対象となる配列になりません。split関数の出力は文字列です。変数を初期化するアクションに配列のもとと「値」に、このsplit関数の出力を渡す必要があります。

式にはsplit(outputs(‘カンマ区切りメールアドレス’),’,’)のように記述します。

この配列は「メールアドレス配列」という名前で後段で使用できます。

メンショントークンの初期化

各メールアドレスから生成したメンショントークンを格納します。組み込み>変数>変数を初期化するアクションを使用して、空の配列を用意します。

Apply to each

組み込み>コントロール>それぞれに適用するアクションを使用して、「メールアドレス配列」から各メールアドレス要素を取り出してメンショントークンを生成する処理を行います。


ユーザープロフィールの取得

標準>Office365Users>ユーザープロフィールの取得(V2)アクションを使用して、メールアドレスからユーザープリンシパル名を取得します。@mentionトークンを取得するのにユーザープリンシパル名が必要なのに対して、所属組織によってはメールアドレスがユーザープリンシパル名と異なる場合があるためです。

ここで入力には以下のように記述しています。
trim(items(‘Apply_to_each’))
trim関数はスペースを削除する関数です。カンマ区切りテキスト形式でメールアドレスを入力する際に、メールアドレス間にスペースを入力することが多いので、スペースを除去する処理を介在させた方が安全です。

ユーザーの@mentionトークンを取得する

Teamsの当該アクションで、ユーザープリンシパル名から@mentionトークンを生成します。

配列変数に追加

組み込み>変数>配列変数に追加アクションで、生成した@mentionトークンを配列に格納します。

メンショントークンの結合

組み込み>データ操作>結合アクションで、「メンショントークン」配列の要素を結合します。「次を使用して結合」はカンマ,を使用していますが、半角スペースなどでもOKです。

チャットまたはチャネルでメッセージを投稿する

「メンショントークンの結合」アクションの出力をメッセージの中で使用すれば、メンションがかかります。

なお、複数のメンショントークンを作成し、結果としてひとつのメッセージの中で同じユーザーに対して何度もメンションがかかるような本文ができたときは、本文中で最初にそのユーザーが登場する部分だけメンションがかかったように表示されます。

Power AutomateでTeamsのスレッドに返信する

Power AutomateでTeamsのスレッドに返信のメッセージを投稿するには、チャネル内のメッセージで応答しますを使用します。新しいスレッドを建てるチャットまたはチャネルでメッセージを投稿するに比べて少々わかりにくい名称ですし、リファレンスを読んでもよくわかりません。こういうときは、Power Automate上で実際に作ってみるのが早いです。

投稿者はFlow BotまたはUserから選択します。投稿先はChannelの一択です。

Message IDはチャットまたはチャネルでメッセージを投稿するのメッセージIDを入力します。チャットまたはチャネルでメッセージを投稿するの出力は、メッセージ ID、メッセージリンク、会話 IDの3個です。なお、私の環境で試したところ会話IDはチャネルIDと同じでした。

TeamとChannelは投稿先のチームとチャネルを指定します。カスタム値の入力を使って、チームIDとチャネルIDから指定することもできます。チームIDとチャネルIDの取得方法は別の記事で紹介しています。

ところで、チャネル内のメッセージで応答しますの出力にもメッセージIDがあります。こちらのメッセージIDに対して返信しようとすると、メッセージが見つからないというエラーがでました。スレッドのトップのメッセージにしか返信できないのかもしれません。

2代目日産リーフZE1の5年目車検を終えて

2017年10月に納車された2代目日産リーフZE1の5年目車検を済ませました。まだ数年は乗ろうと考えています。

以下では5年間リーフに乗って得られたデータを紹介します。

5年間の走行距離は7万7千kmでした。急速充電を821回、普通充電を46回しました。アパート住まいですので基本は急速充電、ホテルやショッピングモールで普通充電を使うこともある程度です。

EVの購入時に最も心配となる走行用電池の劣化についても、それなりのレベルに抑制されています。ZE1の発表当時に言われた「1年1万km走行しても10年で劣化10%以内」とはいかないもの、9割近い容量が残っています。80%充電から高速道路を走行して200kmくらいは走行できる感触です。体感レベルで新車の時より1割強は短くなっていますが、そもそも200kmをぶっ通しで走ることはないので不便になった感じはしません。

走行用電池の経年劣化と走行距離の推移

EVといえば電気で走る分だけガソリンよりランニングコストが低いと宣伝されます。私のケースではZESP2という大盤振る舞いのおかげで5年間の充電費用が13万4千円でした。毎月の走行距離とガソリン価格を記録してあるので、比較すると35万円ほど安上がりになった計算です。燃料費のほかに、消耗品類にお金がかからないという点も良いです。エンジンオイルはありませんし、回生ブレーキで消耗しないのでブレーキパッドは交換していません。

2代目日産リーフは5年経ってもまだまだ使い物になります。初代の電池劣化が激しかったのとは大違いです。とりあえず次の車検まで2年間は乗るつもりです。