[PowerApps] スマホでPowerAppsを使う

PowerAppsで作成したアプリをスマートフォンで使用する場合の注意点をまとめます。

Power Apps Mobile の概要
iPhoneやiPadといったiOS端末であれ、Android端末であれ、モバイル環境でもPowerAppsで作成したアプリを動作させることはできます。ただし、一部の機能が制限される場合があります。
Power Apps Mobileアプリをスマホにインストールして、Power Apps Mobileアプリ上で各自作アプリを動作させる場合は支障がないかもしれません。一方で、Power Apps Mobileアプリをインストールせず、ブラウザアプリ上でPowerAppsのアプリを動作させる場合は、いくつかの制限が生じます。

アプリを Web ブラウザーで実行する
Edgeなどのブラウザアプリ上でPowerAppsを実行する場合は、次のような制約があります。

  • 一部のコントロールを使用できない。Barcode scannerなど。
  • プッシュ通知を使用できない。
  • モデル駆動型アプリが使用できない。キャンバスアプリのみ実行可能。
  • アプリを開く前に、Power Apps Mobileアプリをインストールするように勧めるページにリダイレクトされる。
    このリダイレクトを実行させないためには、作成したアプリを配布する際に、アプリのWEBリンク(後述)末尾に次の文字列を追加します。
    &skipMobileRedirect=1
    ただし、この文字列があるとPowerAppsモバイルアプリで開こうとする際にエラーが発生することがあります。
リンク先の「スマートフォン上の Web ブラウザーを利用してモバイル駆動型アプリを実行することはできません。Power Apps Mobile アプリを使用する必要があります。」は誤訳です。「モバイル駆動アプリ」と表記されている部分は「モデル駆動型アプリ」が正しい訳です。意味不明な表現がある場合は英語版を参照しましょう。ほかにも「Windows」が「窓」と表記されているのに気づくでしょう。

作成したアプリを配布する際には、PowerAppsでアプリの「共有」メニューから共有する相手を指定して共有するか、「詳細」画面に記載されているWEBリンクを共有します。もし実行権限を付与していないユーザーからWEBリンクのURLにアクセスがあった場合は、アプリの作成者に対して権限をリクエストする画面になります。

PowerAppsのメニュー
WebリンクのURL表示例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください