Ready Player Oneにリーフ、i-MiEV、チョイモビが登場

スピルバーグ監督のReady Player Oneは、近未来の人々がVRに没入している世界を描いた映画です。劇中で日本由来のキャラクタが大いに活躍していて、小学校に上がるのと同時にポケモンと出会った私にとっては、またサブカルとともに育った同世代の方々にとっては、感慨深い作品でした。童心に帰って楽しめます。特に、もともと日本語セリフが何カ所かあり、そのセリフが重要な場面で使われているので、吹替ではなく字幕で見ることをお勧めします。

物語は主にVRの世界で進むものの、現実の世界も描かれています。注目したいのが、舞台となる2045年の自動車です。EVに詳しい方ならすぐに気づくと思いますが、少なくとも以下の3車種が登場します。

自動車の世界で未来を先取りした製品という点で、i-MiEVやリーフが近未来のアイコンになるのは納得です。ただ、2018年の日本では横浜くらいでしか見かけないチョイモビが大量に映っているのは、なんだかおかしな気分でした。

この映画を見て思い出したのが、リーフが走るときに出す音です。初代リーフはエンジン車に比べればかなり静かなのですが、モーターに電気が流れる際、高い音のノイズを出します。いまの新型リーフでは静穏性があがったので、走行時のキーンという高周波音は聞こえなくなりました。
私が初めてリーフに乗った2012年3月、アクセルを踏んだ瞬間に生じる滑らかな加速と甲高いノイズが新幹線のようで、未来をこの手に握っているかのように感じました。Ready Player Oneは、あのときの感動がよみがえるきっかけとなる映画でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください