城ケ島灯台と小網代の森

暖房で電費が大幅に悪化するリーフでの遠出は暖かいところが良いでしょう。

春が南からやってくるとすれば、神奈川県の最南端、城ケ島が最も春に近いはず。

東京の友達と阪急大井町ガーデンで待ち合わせ。駅に近い大型商業施設に急速充電器があると、EVの充電と待ち合わせが同時にできるので便利です。待ち合わせをしたうえで、ナビや音楽の設定をしていると、すぐ30分くらい経過します。

大井町から城ケ島までは約80km。首都高湾岸線で高速走行するとはいえ、途中の充電は要りません。必要になっても大黒PAか横須賀PAで充電すればいいでしょう。三浦半島はコンビニに急速充電器が設置されている数が多いので、電欠しにくい地域です。

城ケ島の西端に駐車場があり、城ケ島灯台までは歩いてすぐです。

城ケ島の海岸では、地層が板のように突き出した独特の地形を見ることができます。

そして、太平洋のコバルトブルーの向こうには伊豆半島も。

海岸から階段を上ると城ケ島灯台があります。

偶然、公開日でした。万国旗で飾られています。

城ケ島灯台が建てられたのは明治3年(1870年)。日本で5番目の西洋式灯台です。当時の建物は関東大震災で破壊され、現在は稼働しているのは2代目の建物です。

灯台の中では海上保安庁の方がパネルで説明。多くの他人でにぎわっていました。外では制服を着て記念撮影できるコーナーもありました。

灯台のレンズ。遠くまで光を届けます。

灯台の上からの景色は格別です。東側は房総半島がよく見えました。

城ケ島灯台の近くには食事処が何軒か並んでいます。今回は階段の目の前にある中村屋に入りました。

 

城ケ島から北へ6kmほど行ったところに、やけに広い森があります。ここは小網代の森といって、海岸から源流域までが自然状態で残されている貴重な土地です。木道が整備されていて、自然散策できるようになっています。横浜から1時間、キャベツ畑で埋め尽くされた三浦半島にこんな場所があるんですね。

小網代の森 – Spherical Image – RICOH THETA

小網代の森を出るとまわりはキャベツ畑。三浦大根の畑もありました。

三浦半島の急速充電器で特に使いやすいのがファミリーマート 三崎口店です。三崎口駅の目の前で、主要な道路上にあるので城ケ島や油壷など南の方に行くのに便利です。この日も先客がありました。

この後は横須賀温泉 湯楽の里へ。普通充電器が無料で使用できます。施錠されているので、駐車してからフロントへ申し出て鍵を借ります。温泉でゆっくりしている間に充電も進みます。

せっかく横浜方面へ来たので、日産グローバル本社で急速充電。ここは24h利用できる上に、横浜駅と歩道橋でつながっているので、待ち合わせにも便利です。東京で合流した友人とはここでお別れして、それぞれの帰路につきました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください