電気自動車の救急車

東京消防庁が2020年3月31日に電気自動車の救急車を導入しました。救急搬送時に患者が受ける振動が小さくなりそうです。

電動の商用車としては日産eNV200がありますが、画像を見るとeNV200よりも大きく、NV400のサイズに見えます。NV400は救急車として使われている実績があるようなので、電池やモーターといったeNV200の部品を使いまわしているのかもしれません。


日本初EV救急車登場 特徴は排ガスを出さないのみならず 各種メリットと池袋配備のワケ
乗り物ニュース 2020.04.19

電動ストレッチャーを搭載したことが救急隊員の負担軽減に与える影響を評価するために池袋のデイタイム救急隊に配備されたらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください