[GAS]Googleフォームの解答欄にあらかじめ答えを入れておく

アンケート調査や申し込み手続きで回答を入力してもらうのに、Googleフォームは非常に有用だ。スプレッドシートに回答を転写してくれるので、入力された値を集計したり、入力値をもとに何かスクリプトを走らせることもできる。スプレッドシートのGASには、わざわざフォームから送信されたとき用のトリガが用意されている。

フォームを利用者の入力インターフェースにして、スプレッドシートのデータを使って条件分岐したいときに、予め一部の回答が入力された状態のフォームに利用者を誘導したい。

実はけっこう簡単にできる。フォームの回答画面はURLの最後がviewformになっているので、この後ろに&で
解答欄のID=予め入力したい回答
をつけてやればよい。
解答欄のIDを確認する簡単な方法は、Chromeでフォームの回答画面を表示(プレビューでいい)して、解答欄のIDを確認したいテキストボックスなどを右クリックする。次いで検証を押すと画面右側にカラムが表示される。ハイライトされている部分からnameを探す。一般のテキストボックスだとname=”entry.数値”となっている。この “entry.数値” が解答欄のIDである。

(フォームのURL)/viewform&entry.1234=hoge
というアドレスにアクセスすると、解答欄のIDが entry.1234 である場所に予めhogeと書かれた状態で始まる。
複数の解答欄に予め回答を入れておくには&でつないでいけばいい。

参考
GOOGLEフォームの初期値

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください