モービルアイ、日本の市街地のHDマップ構築を本格始動

モービルアイ、日本の市街地のHDマップ構築を本格始動
愛知県豊橋市で、500台規模の車両用意へ

日産リーフZE1をはじめとした自動運転技術プロパイロットはイスラエルのモービルアイが技術提供している。そのモービルアイが日本の市街地のHDマップ構築を車両500台の規模で実施するという。

ニュースを見て気になったのが、HDマップをつくのが愛知県豊橋市だという点。東京大阪でなく。名古屋でもなく、なぜ豊橋?モービルアイと取引のあるジャパン・トゥエンティワン株式会社に業務が委託されていることや、豊橋技科大が協力することが理由なのかもしれない。

日本の企業に委託するなら見当違いかもしれないが、もし輸入車を使うなら豊橋市になる三河港を使う可能性がある。三河港はフォルクスワーゲンやボルボをはじめとした外車の輸入基地であり、およそ20のブランドが陸揚げに使用している

ところで、2019年には複数車線対応のプロパイロットが出る予定で、そのために高速道路のHDマップはすでに日産と協力して構築されている様子。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください