オーストリア、ハンガリー巡見 (5/10) ザルツブルク

ゴールデンウィークにオーストリア南部の工業都市グラーツの近郊に住む友人を訪ねました。

  1. 羽田からウィーン
  2. ウィーンからグラーツ
  3. グラーツ
  4. グラーツからザルツブルク
  5. ザルツブルク
  6. ザルツブルクからブダペスト
  7. ブダペスト
  8. ブダペストからウィーン
  9. ウィーン
  10. ウィーンから羽田

ザルツブルク

ザルツブルクは映画『サウンドオブミュージック』で知られる街。映画を見ていなければ、ぜひ見てから行った方がいい。街並みのあちらこちらに映画のシーンを思い出す。

まずはホテルにチェックインして荷物を置いていく。身軽になったら街へお出かけ。

ザルツブルク駅の目の前にあるACHAT プラザ ツム ヒルシェンに宿泊
ツインのベッドは少々狭い。歴史を感じさせる落ち着いた部屋だ。
ザルツブルクの市内はトロリーバスが走っている。ホテルの受付で市内交通24時間券ザルツブルクカードを買っておいた。

街はきれい。お花畑があちこちにある。

まずはミラベル宮殿へ。このあたりは観光客でいっぱい。

大きな木の下にベンチが並び、人々の憩いの場として機能しているのがわかる。こういう公園が近所にあったら嬉しいだろうなあ。
『サウンドオブミュージック』に出てくる泉 
ホーエンザルツブルク城が直線上に見えて美しい。
ペガサスの正面側
ねこ?
藤のカーテンが淡い色の壁を彩る
噴水も手が込んでいる
入ってきたのと逆側から。中国人と日本人が多かった。
この日も天気が良すぎて暑い。アイスがとってもおいしい。

ミラベル宮殿の次は橋を渡ってザルツブルク劇場がある旧市街へ。歴史ある建物が並び、その中にはモーツァルトの生家もある。
Salzは塩、burgは城なので、Salzburgは塩の城という意味だ。塩の交易でこの街は大きく栄えた。

マカルト小橋。なぜ人は橋に錠をかけたくなるのか。
狭い街路の両側にかわいらしい鉄看板が掲げられている。
『サウンドオブミュージック』のミュージアム。入らなかったけれど、ここはきっと客が途切れないだろうなあ。

小腹が空いたので、地球の歩き方を読んでおいしそうな店を探す。込み入ったところにあるBalkan Grill Walterにようやくたどり着くと、同じく地球の歩き方を手に持った日本人観光客が並んでいた。

建物の中を通るので道がわかりにくい。
スパイシーでおいしいホットドッグ。

腹ごしらえも済んだところで、景色の良いところへ。ザルツブルク有数の景観スポットである現代美術館へ向かう。エレベータで崖の上に出ると、歴史地区を見下ろす展望台へ出る。

ザルツブルクの街並みといえばこの場所。写真を撮っていると、ちょうど教会の鐘の音が聞こえてきた。右端に見える劇場から、ホーエンザルツブルク城、大聖堂、ザルツァハ川とすべてが見渡せる。
ザルツブルク音楽祭の会場である劇場。『サウンドオブミュージック』の最後にも登場する。中に入るにはガイドツアー参加が必要。
モーツァルトの像。記念撮影する観光客が列をなす。
モーツァルト小橋。『サウンドオブミュージック』でも出てくる。
橋を渡ったところから振り返る。
川辺に寝そべる人々。気持ちよさそう。
もうひとつの景観スポットへ向けて階段を登る。
カプツィナーベルクからの眺め。夕日を浴びるお城が美しい。
近くで日本人の親子が夕焼けを眺めていた。幸せに形があるとしたら、こんな風に見えるのだと思う。
テラス席が気持ちよさそうだけれど、人がたくさん。どこも混んでいる。

ザルツブルク2日目。昼ごろにはブダペストに向けて出発したい。市街地は見て回ったので、ザルツブルクを見下ろすウンスターベルクにロープウェイで登ることを目指した。市街地から離れるが、ロープウェイ駅までのバスはザルツブルクカードの範囲。

ザルツブルク駅のバスターミナル。遠足のような集団がいる。ウンスターベルクまでの経路上には動物園やヘルブルン宮殿があり、多くの観光客がそこで降りて行った。
ロープウェイ駅に到着。天気が悪い。
アルプスの峰に一気に登れる、はず。
ロープウェイの運行状況の表示。山頂駅はくもりbedeckt 、強風starker Wind、展望 Fernsichtは中 mittelということ。
山頂駅は雲の中で良く見えない。残念。

1時間ぐらい待ったけれど、全く動く気配がない。不愛想な駅員に聞いても、風が強いから動かないんだ、まあ1時間くらい待ってみたらという回答。もう無理だと思ったので、ザルツブルク市街へ戻ることにした。
ここまで来て帰るだけでは残念なので、途中にあったヘルブルン宮殿に立ち寄ることにした。

ヘルブルンのバス停から。黄色い塀が目立つ。
宮殿の地図。建物まわりの幾何学的なお庭と、その向こうの広々とした草原がある。
宮殿の裏には「いたずら噴水」があってにぎわっているが、有料ツアーへの参加が必要。ゲートのおじいちゃんには、「ニーハオ」「アニハセヨ」とあいさつされた。日本人よりも中国人が多いんだろうなあ。
「もうすぐ17歳」が歌われるシーンでくるくる踊り回っていたガラスのパビリオン
ピクニックにちょうどいい感じ
建物周りは手が込んだ作りになっている。
噴水。手に持っているのは何かな?
こういうところは日本の公園みたい
凛々しいワンコ
どこまでも黄色い建物
バス停の向かいにある建物も黄色い。個人宅?壁にかかる緑のカーテンが美しい。

ザルツブルク駅行きのバスに乗車。ザルツブルクカードで乗れる。

案内表示もある連結バス。きれい。
バスからホーエンザルツブルク城。昨日見たのとは反対側。こちらから見るといかにも砦という感じ。
『サウンドオブミュージック』で出てくるノンベルク修道院

そろそろ昼食の時間。宿泊したホテルのレストランがおいしそうだったので、ホテルに戻る。

かわいらしいテーブル
ホワイトアスパラガスと生ハムのサラダ。5月はホワイトアスパラガスの季節。
Tiroler Gröstl アルプスはチロル地方の料理らしい。ジャガイモと肉を焼いたもの。

次はザルツブルクからブダペスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください