月別アーカイブ: 2021年10月

新型リーフ (2017) のバッテリー劣化 – 新車48か月点検(車検)を終えて

新型リーフ (2017) のバッテリー劣化 – 新車36か月点検(車検)を終えての続編です。

2017年10月の納車から4回目の12か月点検、初めての車検を終えましたので、バッテリー劣化の現状を報告します。

LeafSpyで取得したSOHの経時データ。2017年10月納車、走行距離は1,000-2,000 km/月、気候は関東平野部。

1年前にバッテリーの劣化が遅くなったことに気づきました。納車から24か月あたりまでは経過時間に対してSOHが直線的に低下しました。このあとは、非常に緩やかな速さで劣化が進行しているようです。この調子だと60か月(5年)でもセグメント低下ラインまで到達しないどころか、80か月(7年)くらいまでは大丈夫そうな気配です。

バッテリーが劣化して航続距離が短くなったと体感できるレベルでもなければ、内部抵抗が上がって急速充電時の温度上昇が急激になるという感じもなく、単に数値上は徐々に劣化しているんだなとわかる程度です。初代リーフのバッテリー劣化を思えば、驚異的な技術の進歩を感じます。このリーフに搭載されているバッテリーは4年も前に量産化されたものですから、現在はより良くなっているのだろうと予想でき、EVの今後に期待が持てます。