月別アーカイブ: 2019年2月

Nissan EVアプリの機能追加

自動車メーカーだけあって、スマホアプリの使い勝手がいまいちな日産。きっとテスラならこうはならないだろうと思いながら、それでも機能は便利なのでアプリを使っているオーナーは多いことでしょう。

遠隔でカーエアコンを起動できるのは非常に快適です。これだけでアプリの利用価値がある。エアコンに比べればバッテリーの残りを確認できるのはおまけのようなもの。他の機能は・・・私はあ使わない。

2019年2月にNissan EVアプリが更新されて、新たに使える機能が増えました。増えた機能は、急速充電器の地図表示と、充電開始時間の表示です。前者の機能はカーナビやいくつかの充電器ナビサイトで確認することができました。一方、後者の機能はこれまで高速充電なびしか持っておらず、高速道路SAPA以外の充電器に適用が拡大されたという点で画期的です。

これまで各充電器はカーナビから利用状況を確認すれば、使用中か否かを確認できるという状況でした。使用中か否かがわかるだけでも便利ではありますが、もし残り5分で充電が終わるような状況なら空いているも同然ですし、まだ充電が20分以上継続しそうならほかの充電器を探すことになるでしょう。国内の急速充電器が基本的に30分で停止する設定になっていることから、充電開始時刻がわかるということは各ドライバーがどの急速充電器に向かうかの優先順位をつける上で非常に有益です。

東名高速の足柄SA付近をアプリで表示したところ。足柄SAはもちろん、御殿場アウトレットの急速充電器が空いていることがわかる。
充電器のアイコンをタップすると詳細画面に移行する。複数台の充電器があっても、出力、設置台数、空き台数と使用中の充電器の開始時刻が表示される。

単に自動車をつくるだけでなく、ドライバーのユーザーエクスペリエンスを改善しようという意思が日産自動車にあることを示す事例であり、大変好ましく思います。

モービルアイ、日本の市街地のHDマップ構築を本格始動

モービルアイ、日本の市街地のHDマップ構築を本格始動
愛知県豊橋市で、500台規模の車両用意へ

日産リーフZE1をはじめとした自動運転技術プロパイロットはイスラエルのモービルアイが技術提供している。そのモービルアイが日本の市街地のHDマップ構築を車両500台の規模で実施するという。

ニュースを見て気になったのが、HDマップをつくのが愛知県豊橋市だという点。東京大阪でなく。名古屋でもなく、なぜ豊橋?モービルアイと取引のあるジャパン・トゥエンティワン株式会社に業務が委託されていることや、豊橋技科大が協力することが理由なのかもしれない。

日本の企業に委託するなら見当違いかもしれないが、もし輸入車を使うなら豊橋市になる三河港を使う可能性がある。三河港はフォルクスワーゲンやボルボをはじめとした外車の輸入基地であり、およそ20のブランドが陸揚げに使用している

ところで、2019年には複数車線対応のプロパイロットが出る予定で、そのために高速道路のHDマップはすでに日産と協力して構築されている様子。